Snap.Bird

野鳥の観察記録

コゲラ祭り@山中湖

よろしければこちらをクリック願います!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

f:id:hato36:20200211201756p:plain

コゲラが見たくて山中湖に行ってきた。
山中湖は期待を裏切らなかった。

 

コゲラ好き

野鳥の中でコゲラが一番好きだ。
キツツキの仲間なので動きが特徴的だし、アオゲラと違って小さくて可愛らしい。

近所の里山でも見ることはあるのだが、山中湖はこれまでの経験でたくさん見れることがわかっている。鎌倉でも見かけるし、決して珍しいということではない。

ただ、たくさんみれるのは山中湖。山中湖は期待を裏切らない。

 

山中湖がベスト!

20年ぐらい前であれば、山中湖といえばバスフィッシングのために春から秋にかけて通いつめた。今となっては釣りもやっておらず完全に野鳥観察か散歩が目的。

バスフィッシングもだいぶ人口が減ったのではないかと想像する。

そのおかげか、休日でも私の経路はほぼ渋滞もしないが、少しでも快適にドライブするために平日休みを取ってのんびり山中湖に向かった。

f:id:hato36:20200211205007p:plain

 

シャッタースピードに注意して写真を撮った

前回以降はシャッタースピードを1/2000に設定したままだったので、この写真もかなり暗く写っていて絶望した。
しかし、常にRAW+JPGで撮影しているので、RAWが残っていて救われた。
MacでRAW現像は下記の記事を参考に。

www.810note.com

私自身も、X Pro2のJPGに満足していたので、RAWで現像することは無かったが、今回はJPGが真っ暗の写真ばかりでやらないわけにはいかなかった。
画素数も2400万画素もあるとRAW現像はmacbook pro 2015 Earlyモデルでは結構厳しい。問題なく現像できるが待ち時間が長い。

しかし、レンズのF値が高くない富士フイルムの超望遠レンズでも、RAWならばシャッタースピードを確保しつつ問題ない写真撮影ができることがわかったのは大きな成果だ。怪我の巧妙だがw

FUJIFILM 超望遠ズームレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR
 

 

f:id:hato36:20200211210123p:plain

先の写真もJPGだとこんな画像だ。
実は、今回こんな写真ばかりだったのを前提に以下の写真を見て欲しい。
正直私は驚いた。RAWなんて面倒だしだれが使うんだとか思っていた考えは改めた。

しかし、この手の現像を繰り返しやるならば、mac純正の写真アプリではなく、Adobe PhotoShopとかを使うべきだ。さらに可能ならば高性能なPCを使うべきだ。
2015 Earlyのmacbook proでも何とかなっているけど。

Macの買い替えは今のところ考えないことにしておく。(とはいえ画面のコーティングが剥がれてきていたりとややガタはきているのは否めない...)

f:id:hato36:20200211211158p:plain

RAW現像のおかげで、真っ暗な写真が救出できた。
これ、元の画像は先の通りでビックリするぐらい真っ暗だ。
最大まで明るくしているが、それでこの画像になるなら十分。
最高の望遠レンズは、F値も小さく本当に明るいと思うが、車が買えるぐらいの値段だ。しかし、そんなものを私レベルの趣味の世界に持ち込む必要はない。少なくとも私はそう思う。そう考えると、RAW撮影をするという意味は大いにあるのがわかっていただけるだろう。

こんな感じで、結果的に満足のいくコゲラ撮影会となった。

f:id:hato36:20200210134439j:plain

富士フイルムのカメラはJPGが優秀だし、正直RAWを使う意味も見出しづらかったが、この経験でRAW撮影が意味のある行為であることが理解できた。

f:id:hato36:20200210134535j:plain

また、今回シャッタースピードをあげていたことで動きの多いコゲラでもブレた写真が少なかった。1/2000秒に設定していてこの結果なので、もう少しこの前後の値も試したい。そもそも、1/2000の場合は、飛翔シーンなども想定してのシャッタースピードなので、飛翔シーンを狙わない私からすると、もっとシャッタースピードを落としてもいいはずだ。この辺はカメラの勉強の意味でも試したい。